頭痛は誰でも体験するものですが、危険な病気のサインの事もあります。

頭痛の種類

 

サイン

頭痛は誰もが経験することですが、その種類は多くあり、中には危険なサインであることがあります。

 

頭痛のタイプ別の原因や、治療法はどのようになっているのでしょうか。

 

頭痛は、大きく2つに分けられています。

 

 

 

一次性頭痛(機能性頭痛)

一次性頭痛の代表的なものは、片頭痛緊張型頭痛薬乱用頭痛です。
一次性頭痛は、頭痛外来のある脳神経外科、神経内科、ペインクリニックで受診します。

 

片頭痛

日本の人口の約8%が片頭痛に悩んでいます。

 

こめかみや、目の周り、首の後ろが痛みます。
頻度や、持続時間には個人差があり、長い場合には2~3日も続くことがあります。
体を動かすと悪化し、音や光に敏感になります。

 

頭痛を繰り返す場合には、市販の頭痛薬をいつも飲むと薬乱用頭痛になり
毎日頭痛が起こり、めまいなども伴うようになります。

 

 

緊張型頭痛

日本で最も多くみられる頭痛で、
首筋が張る、肩こりを伴い、後頭部の鈍痛に発展していきます。

 

片頭痛に比べると長く続くものが多く、スッキリしないことから薬物乱用頭痛になる可能性があります。仕事などで同じ姿勢を続けたり、不安、ストレス、うつ、睡眠不足などが引き金となります。

 

 

 

 

二次性頭痛(症候性頭痛)

二次性頭痛の原因としては、
脳内出血、脳腫・頭蓋内疾患からくるものや、外的要因(緑内障など)があります。

 

加齢とともに、二次性頭痛の原因の疾患は増加します。

 

二次性頭痛の場合には、CTやMRIの設備のある脳神経外科等の総合病院で受診し、検査を行い、その原因に沿った専門的な治療を行う必要があります。

 

 

二次性頭痛の特徴

一次性頭痛とは違い、他の病気が原因の頭痛には注意が必要です。

 

いつもの一次性頭痛とは違っている
初めて感じる痛み
頻度が増していき、重症になっていく

 

このような頭痛の場合は、
早期に検査を行い、頭痛の原因となっている病気の治療が必要となります。

 

その際にいつから頭痛が起こったのか、麻痺があるか、頭痛の部位、頭を打ったという理由がないかどうか、病歴、アレルギーの有無、頭痛に伴う壮途がないかなどを受診の際に伝えるようにします。