脂質の多い食事を摂り過ぎたり、摂取した脂質の量に見合うだけの脂質を燃焼させないと、血液中にコレステロールや中性脂肪が増えてしまいます。

脂質異常症を防ぐこと

脂質異常症は、多くの場合自覚症状がありません

 

頭痛がしたり、おなかが痛くなったりすれば、病気かもしれないと気付くことができますが、そのような症状が出ない為、発症に気がつかず進行して動脈硬化になってしまうケースが多くあります

 

動脈硬化になってしまうと、脳梗塞や心筋梗塞という深刻な病気を発症する恐れがありますので、脂質異常症という病気をよく理解し、予防することが大切です。

 

人間の血液には、コレステロール中性脂肪リン脂質遊離脂肪酸という4種類の脂質が含まれており、これらの脂質は細胞やホルモンを生み出すために必要な物質であり、エネルギーを蓄積する働きをする物質でもあります。

 

この4つの中で血液や血管の悪い影響を与える脂質はコレステロールだけですが、中性脂肪が多いとコレステロールが増えやすくなるので、中性脂肪の増えすぎも脂質異常症の一種なのです。

 

肥満気味の男女

中性脂肪が増えすぎると、脂質異常症だけではなく、内臓脂肪型肥満や高血圧などになってしまう恐れもあります。

 

脂質異常症に加えて、内臓脂肪型肥満、高血圧などが重なって発症すると、脳の病気や心臓の病気を発症する確率が非常に高くなり危険です。

 

健康な状態であれば、血液中の脂質の量は自動的に一定に保たれ、身体の機能を維持できるようになっているのですが、脂質の多い食事を摂り過ぎたり、摂取した脂質の量に見合うだけの脂質を燃焼させていなかったりすると、血液中にコレステロールや中性脂肪が増えてしまい、必要な一定量をコントロールして保つことができなくなってしまいます。

 

脂質の量がコントロールできなくなり、増加し続けると、血管内に脂質が溜まり、血流が悪くなり、動脈硬化が起こります。

 

そして、動脈硬化が起こると、血管がもろくなったり、血管の内部にできたこぶのようなものが剥がれて血管を詰まらせたりするために、脳梗塞を引き起こしてしまうのです。