生活習慣の乱れから脳梗塞はおこり、生活習慣病の一つと考えられています。

脳梗塞の予防法とは

 

脳梗塞は突然起こる病気で、脳卒中の約4分の3は脳梗塞が原因といわれています。
脳梗塞を予防するためには、そのサインを見逃さないようにしなければいけません。

 

脳梗塞とはどのような病気で、予防するにはどのような点に注意すればよいのでしょうか。

 

 

 

脳梗塞とは

脳梗塞とは、脳の血管が詰まったり、何らかの原因で脳の血流が低下して、脳組織が酸欠状態になったり、栄養不足から壊死(梗塞)してしまう病気です。

 

脳梗塞の原因は3つに分類されています。

  • アテローム血栓性脳梗塞」…動脈硬化により発症
  • 心原性脳塞栓症」…心筋梗塞などでできた血栓が原因で発症
  • ラクナ梗塞」…加齢や、高血圧で脳の細い血管が詰まることで発症

 

 

 

 

脳梗塞の予防は、魚を食べて生活習慣の改善が重要

脳血栓の原因で現在は、動脈硬化や心筋梗塞などが原因の脳梗塞が増える傾向にあり、生活習慣の乱れが、これらの大きな原因となっており、脳梗塞も生活習慣病の一つと考えられています。

 

脳梗塞の予防のために注意したい危険因子は高血圧、糖尿病、高脂血症、心臓病、ストレス、喫煙、暴飲暴食、肥満などです。

 

魚

脳梗塞の予防で、とても有効なものが魚を食べたり、魚の脂を摂るということです。

 

魚の脂に含まれるEPA、DHAには血液が凝固したり、血栓を防ぐことに効果があり、血液中の脂肪・コレステロールを軽減し、固着を防ぎます。

 

魚の脂を摂るには、青背の魚のイワシ、サンマ、サバなどを選ぶようにします。

 

脱水症状で血液がどろどろになって血栓を起こすこともあるので、脱水症状には気を付けるようにしましょう。

 

血液をサラサラにする効果は、納豆、梅干し等にもあり、サンマの塩焼きなど、
塩分に気をつければ、和食は脳梗塞の予防にはとても効果のある食事と言えます。

 

 

 

 

脳梗塞の前触れに注意

脳梗塞の大きな発作が起こる前に、前触れの症状が起こります。

 

このことを一過性脳虚血発作(TIA)と呼んでおり、その症状は、

 

  • 手や腕の力が急にぬけて、急に茶碗を落とすというようなことが起こる
  • 急に足が動かなくなり、歩けなくなる
  • 足がもつれる、まっすぐ歩くことができない
  • 段差にひっかかったり、足先が引っ掛かり、階段があがれない
  • 口から食べものをこぼす
  • 顔の半分がゆがむ
  • ろれつが困難で、喋りにくい
  • 頭の中でわかっているのに、喋れない
  • 相手の言うことが聞こえても理解できない
  • 健忘症
  • 視野の半分が急に見えなくなる

 

これらの症状がある場合は、脳梗塞の発作の前触れなので、医師に相談しましょう。